●NO4 経営者の悩み売上アップ方法に新しい方法が登場●

専用サイトの有効な使い方について!
PCで、自分のお店を検索した時、すでにTOPページに表示されるようでしたら

そのHPにタグを張り付ければ、スマホ専用サイトもTOPに表示されます

(あなたの店名で検索すると必ずTOPに出てきますこれは意味がありません・
ツール・閲覧履歴の消去をしてから他のキーワードでテストしてください)
HPもそうですが、スマホ専用サイトも同様で

デザインがいいかどうかはあまり重要ではありません

どちらかといいますと
・検索した時TOPに表示されているか?

・見やすくて読みやすくわかりやすい内容になっているか?

の2つが大問題です!
デザインはこの次で十分です
私自身も、初めての自社のHP制作の時は

とにかくデザイン重視で、自分なりに満足していましたが

今思えばなんと アホ だったことか・・・

検索してもTOPページに表示されたことなどありませんでした
結果は、反応が取れないHPという事です

私がいつも言う、お金を使っただけということですね~
2ページ目くらいの表示であれあばまだいいとして

それ以降であれあば、お客様予備軍には見てもらえない・見られていないという事です

これイコール、捨て金!
あなたたがPCで何かを調べた時に、どこから閲覧していくか?
何ページまで見ていくか?
もし初めに開いたサイトで満足したらそのしたを見るか?

と考えてみたら、なんとなく想像できますでしょー

こんな事、当時の私は全く考えていませんでした、だからアホだったんですね
さて分かっていただけたところで

せっかく作ったスマホ専用サイトを、どうやってTOPに表示させるか?
経費0で表示させる方法もいくつか知られていますが、必ずかどうかは保証されていません

当然ですがグーグルさん以外の方に知られたらグーグルさんも困るからです

ですから、絶えずその方法も変更されています
但しその都度ある程度の情報が流れますので、それを自身で実行すれば

労力は別として、経費0です

しかしこれは、また経営者であるあなたの時間を拘束してしまうので

積極的にお勧めはしませんが、とにかく0円で・・・と考えるなら有効です
スマホ専用サイトを作って、TOP表示させる事が可能な方法が1つあります!

グーグルさんが運営しているPPC広告をする事です

(これにかかる広告費は、あなた自身が直接グーグルさんへ支払う事になりますので
あいだに広告代理店などが入ってマージンを支払う必要は全くありませんので安心です)

このPPC広告について詳しく次回お話します

これが今回のテーマの最終回になります

あなたの売上アップを応援します

次回が完結編になります

(せっかく作ったら1日も早く結果を出すための方法です)

 

◆スマホ専用サイト 問い合わせ・相談(完全無料) 制作 を楽笑塾で始めました お気軽にお問い合わせください◆
◆問い合わせ先http://enkan-hanjyou.com/contac 件名に スマホサイトについて と入れてください◆

・・・◆お知らせ◆・・・

売上が増えずに 悩んでいる あなたへ!
何かしなくちゃいけないのはわかるんだけど・・・
そんなあなたのためのセミナー 札幌・静岡の受付は終了しました!

ありがとうございました!

 

なぜ、わずか半年で年商が半分近くまで下げてしまったのか?

そして 今では元の売上以上にUPさせたその方法とは?

2店舗を経営して、スタッフにも困らず、リーマンショックの影響も受けず、前年対比でを今でもクリアし続ける、その驚くべき売上UPの秘密!只今公開中。

http://enkan-hanjyou.com/lp/556.html

●★楽笑塾エンカン-2 無料メルマガ【新規集客売上アップ・経営者の考え方】を
大事なお知り合いに、ご紹介してくださる方が増えました。

簡単に売上、あが上がりますよー という

内容でなく、むしろ「やらなきゃダメ」

と言いたい放題の構成なのに

嬉しいです!
エンカンのメルマガ「今すぐ役立つ情報は」

完全無料です、
是非 、下記の無料メルマガURLをお伝えください!
もちろん まだ無料メルマガをご覧になっていない方も!

http://rakushojuku.com/qamail.html

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 楽笑塾 新規・集客・売上アップのために   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>